【相棒season19】10話ネタバレと感想!贋作詐欺と画廊自殺にある背景

相棒season19

贋作を売っていた画商が自殺してしまう。警察に自首した直後の事件だった。

第10話、超・新生

「相棒season19」10話視聴率

「相棒season19」第10話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「相棒season19」9話あらすじ

贋作を売る画廊

贋作を買った人物たちは、被害届を出さなかった。事件とは成立しない、自首しても逮捕はできない。杉下は他に理由があると感じた。

「緊急避難を試みたが失敗して、自ら死を選んだ。」

杉下と冠城は、贋作を並べる画廊に出向く。

「この臭い、贋作の証拠ではありませんか?この乾ききっていない絵の具の臭い、数十年前に書いたモノとは思えません。」

画廊にいた女は、ヤクザの情婦だった。

「野原と言う男がなぜ死ななければならなかったのか、それが気になるんですよ。」

贋作工房に向かうと刑事部長・内村が待っていた。まるでヤクザを庇うような行動だった。そこへ、半グレ集団が殴り込みに来る。

目利きを間違った末路

内村は頭部を殴られて救急車で搬送される。なぜ、襲撃されたのか?

「いましたよ、あなたがたの仕返しを受けた青年が。」

その報復で画廊工房が狙われた。野原は本物と偽って贋作を売っていた。トラブルになったら、『扶桑武蔵桜』が出ていた。

「目利きってやつは難しいね。しっかり客を選んでるつもりでも、時にやばいのを引いちまう。」

野原は半グレに贋作を売ってしまう。『扶桑武蔵桜』の名前を出したことで抗争になってしまう。頭の殴られた内村は意識を取り戻した。

「反社をのさばらしてどうするんだ。」

内村は、『扶桑武蔵桜』の検挙を決めた。まるで別人のように、組長の桑田にも解散をすすめた。

見逃し動画配信サービス「相棒season19」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「相棒season19」は、動画配信サービスU-NEXTで配信予定!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「相棒season19」10話感想

コメント