【スカーレット】83話あらすじと視聴率!僕と喜美子は違う想いはすれ違ってしまう

NHKドラマ

喜美子(戸田恵梨香)の家に泥棒が入った。ノートが1冊盗まれてしまう。辞めさせた弟子ふたりが盗んでいた。

第83話、新しいモノを作るため壊して前に進む。陶芸家・喜美子の誕生か?

「スカーレット」83話視聴率

第14週「新しい風が吹いて」第83話が、1月10日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、18.4%でした!

陶芸家の神山清子さんがモデルになっています。男が多い蔵元で信楽焼に魅了されて行きます。波乱に満ちた人生をどう描くのか?

「スカーレット」83話あらすじ

道に迷っている八郎

「喉かわいてな。ノート1冊とはいえ、えらい騒ぎになったさかいな。」

喜美子と八郎(松下洸平)の大事なノートが盗まれてしまった。警察を呼んでの騒ぎになってしまう。

「ごめんな心配かけて。ノート返って来たで。辞めさせた弟子たちが盗みに入ってた。」

ノートは、松永三津(黒島結菜)が取り返してくれた。松永は池ノ内と磯貝が連れてきた人。弟子になりたいが八郎が反対していた。

「八さんな、銀座の個展で目玉になる作品考え言われてんねん。」

八郎は、金賞を受賞してから3年がたっている。前回の個展でも商品がたくさん売れ残ってしまった。

「この間、八さんがな。素晴らしい作品て何やろな言うたんよ。どういうのを素晴らしい言うんや。そんなん言うたの初めてや。」

八郎は道に迷っている。松永は、日本のあちこちを旅をしてきた。

「焼き物の産地や原材料あるところを訪ねて回って、意欲的で研究熱心な子やねん。今の八さんにはな、ああいう子が必要なんちゃうか思うねん。」

今の八郎には、新しい風を吹かすところが必要と感じていた。その頃、八郎は松永に他を探すように諭していた。

「ごめんな、頑固おやじちゃんで。」

喜美子がおむすびを作って来た。松永の元恋人は、益子焼の修業をしている。性格の違いから別れてしまった。

父親は、若い頃陶芸をしていた。今は画商をしている。母親は、自宅で絵画教室と書道教室を開いている。結婚前は美術の先生だった。

5歳上の兄は、絵画の修復の仕事をしている。

「ほーっ、すごいな。芸術一家や。」

「なぁ八さん、ウチらの大事なノート取り返してくれてな。お礼におむすびだけ言うのも何や思うんよ。ここ以外に他になかった言うてんやから、もうええやん。預かってあげようやないの。」

「今はそういう余裕ない言うたやん。」

お願いします。喜美子と松永は頭を下げる。

「喜美子が、喜美子がどうしても言うんやったら。ただし、僕があかん思うたらすぐに辞めてもらう。」

僕と喜美子は違う

百合子(福田麻由子)は、信作(林遺郁)と会っていた。

「松永三津さん言うねん。住み込みでな、部屋はなウチと一緒に使うことになってん。同い年やし気楽やわ。」

弟子といっても炊事や洗濯もすることになった。松永が希望してそうなった。お手伝いを雇ったようだった。

「だって、5回引いて。5回とも凶ってあるか?」

信作は、おみくじの凶を引いてしまう。命と同じくらい大切なモノを失う恐れがある。

「命と同じくらい大切なモノって何?」

「今やったら百合子やな。」

ふたりは手を繋ぐことも出来ないでいた。喜美子は、武志の靴下を繕っていた。武志は貧乏くさいと言い出す。

「あかん、まだ履ける。」

そのうち夏になるし、穴があいたらそのまま履いて行け。武志は、家が金持ちだと思っていた。

「お父ちゃん、先生先生言われてやるやん。東京の銀座で個展やるんやろ。みんな言うてんで。すごいすごい言われる。沢村にも会える?」

「武志のお父ちゃんはな、銀座で個展やらんでもすごい人やで。すごくてなカッコよくてな優しくてな、ハンサムでな。」

「もうええわ。」

「ありがとうございました。」

『かわはら工房』では、八郎が釉薬の調合をしていた。

「あの思い切って大胆に土を変えてみてはどうでしょうか?これですよね?先生が目指しているのは、これですよね?」

松永は、深野心仙(イッセー尾形)のハガキを持って来た。その美しさを焼きモノで出そうとしていた。その土では出ないのではないか?

「知らんかった。八さん、それを目指してるの?」

「せやったとしても口ださんでもええ。置いとけ。」

松永は頭を下げる。喜美子は、何もしらなかった。

「やってみたらええやん。土を変えてみたらええやん。せっかくやから松永さんが持ってる火山灰とかな。鹿児島の桜島とか、北海道の倉浜とか。」

八郎は、柴田からも同じようなことを言われてきた。それを断って、信楽の土にこだわって来た。

「僕も喜美子のお父さんみたいに、ここに根っこをはやして生きて行こう思うてんねん。」

「それが足かせになってんのちゃう?八さんのこだわりが、八さんを苦しめてのんちゃうの?」

どうやったら前に進めるのか?八郎なりに考えているつもりだった。

「壊したらええんよ。一旦作ったもんを壊さんとあかんのとちゃう?そこに縛られてるからあかんのとちゃうの?壊そうや一緒に。ウチはできるで。八さんと一緒やったら、こんなんいくらでも壊せるで。」

前に進むことは、作ったモノを壊しながら行くこと。

「ちゃうわ、僕と喜美子はちゃうで。違う人間や。」

朝ドラ「スカーレット」83話感想

コメント