【スカーレット】最終回ネタバレと感想!幸せやで武志と過ごした尊い時間

NHKドラマ

喜美子(戸田恵梨香)は、家族や友人たちと琵琶湖に来ていた。海や-、走り出したのは直子だった。

最終回、武志は今を生きていることが幸せだった。喜美子は、そんな武志を思い切り抱きしめる。

見逃した方はこちらから⇨「【スカーレット】NHK

「スカーレット」最終回視聴率

最終週「炎は消えない」最終回が、3月28日土曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.5%でした!

陶芸家の神山清子さんがモデルになっています。男が多い蔵元で信楽焼に魅了されて行きます。波乱に満ちた人生をどう描くのか?

「スカーレット」最終回ネタバレ

幸せやで、ありがとう

「海や-。」

「ほんまや海や-。百合子、海やで。」

直子(桜庭ななみ)と信作(林遺郁)が走り出す。学(大江晋平)と大輔(七瀬公)、芽ぐみ(村崎真彩)は海の水を触った。

「武志、日本一の湖や。よう見とけ、こっちの心も大きなるで。」

武志(伊藤健太郎)は、大きな湖を前に眩しそうに笑った。

「みなさーん、一緒に写真撮りましょう。」

照子(大島優子)と百合子(福田麻由子)、真奈(松田るか)も来ていた。初めて見る琵琶湖の大きさに笑顔が弾けた。

4月、武志と真奈はピアノの発表会に出かける。約束を守ることが出来た。

喜美子は、新しい作品を作っていた。その側には、陶芸をする武志がいる。武志と喜美子は、手を洗う。

「ギュッしたろか?ギュッしたる。ギュッしてええ?」

「えっ、えっ…。お母ちゃん、ええに決まってるやん。」

「おな。」

「待って、うそうそうそ。やっぱ撤回する。うそ、うそや。」

「何で?」

「もう俺、年やで。気恥ずかしい。」

「ええ言うたやん。」

「いや、その。」

喜美子は、武志を抱きしめる。

「ギューッ。」

「ああ、もう。ああ苦しいもう。」

「ギューッ。」

「いや、もう分かったって。幸せや。」

「ええ?」

「幸せやで。」

「幸せか?」

「幸せや。」

「幸せやな。」

「ありがとう。」

喜美子は、もっと強く武志を抱きしめた。

「ギューッ。」

「だってもう、苦しいってもう。」

「幸せやな、武志。」

「もう、やり過ぎやで。もうー。」

「幸せや-。」

「いやー、ムリムリムリ。」

2年後、武志は26歳の誕生日を前に旅立って行く。『かわはら工房』には、大崎が来ていた。

「あれが武志の作品です。手に取って見てやって下さい。」

「これか。いいんですか?キレイですね。」

武志は、作品を残した。武志の作品は生きている。

「先生のクール言うイメージですけど、こういうのはどうや思うんですけど。ウチがこのお皿を入れますんで、出したらそれをかけて下さい。」

「いやいや、意味がよく分からないんですけど。」

「釉薬が入ってるんです。それをここに向かって、かけて下さい。」

「かけるとどうなるんですか?」

「そやし、模様になるんです。」

「あっ、そういうことなんだ。」

「先生のイメージで。」

「緊張するなー。あっ、ちょっと待って。」

すべてをかけた陶芸家人生

武志が亡くなる3日前、大崎は握手をしていた。

「集中治療室で、目を少し開けた時があって。手がこう動いたんで、大丈夫だよって握ってあげたら握り返してくれたんです。以外にも力強くて、すごいなって。こっちも両手で、武志くんの手をそっと握り返して。握手をしたんです。」

大崎は、喜美子が持つ大皿に絵を描いた。

「ええやん、ええやん。ええやん。」

「合ってますか?こうですか?」

喜美子は、ひとりで食事をしていた。そこへ、八郎がやって来る。

「おう。何食べた?」

「たぬきそば。」

「おお、ええな。」

ふたりで縁側に座る。みかんを食べる。

「長崎、何しに行くん。」

「僕も挑戦することにした。江戸時代の卵殻手の研究されてる方がいてはんねん。卵の殻みたいに軽くて薄い磁器。それをやってみたい。」

「ふーん、ええな。」

「名古屋、引き払ろうて。今度は長崎や。」

「あんな、ウチ武志に。死なせへん言うてしもうた。絶対死なさへん。お母ちゃんが生かしたる言うた。エゴやな。ウチの悪いとこや。何とかしたかった。何とかしてやりたい思うてた。そんなん無理やのにな。」

「あんな、武志にお父さんとあかまつで飲んだ話をした。」

「いつ?」

「武志が生まれた日。うれしゅうてな。武志が生まれたんが、うれしゅうて。おしぼりつまみにして食べるとこまで行ったで。」

「武志なんて?」

「聞いて笑ろうてた。ほんで、お母ちゃんに言うといて欲しいって。俺を生んでくれて、ありがとうって。ああ、やっぱり言わんでええ。言わんでええ、言わんでええ。気恥ずかしい、なしなしなし取り消しや。あっ言うてしもうた。」

「聞いてしもうた。ありがとう。」

「また、会って話しような。」

「うん。次、会う時は陶芸家・十代田八郎か?」

「いや、すぐ挫折して帰ってくるかも。」

「帰ってくんな。一生懸命やってこい。」

照子と百合子が野菜を持って来た。

「ほんで信作さん、お兄さんに会いに長崎遊びに行く言うて。ひとりでやで。」

「ほな、百合ちゃんかて好きなことやったらええやん。」

「ウチは、子どもらのお世話して。お父さんお母さんとサニーやって。ほんでな、次はお母さんコーラスやんねん。」

「うわー、ええなあ。」

喜美子は、作品を作っていた。家庭菜園照子です。百合子です。百合子は、野菜作りがうまくなっていた。

喜美子は、穴窯に火を入れた。薪をくべる。その燃え上がる炎に全てをかけてきた。

3月30日(月)からは、『エール』がスタートします!音楽が奏でる人生の物語。主演に窪田正孝、その妻に二階堂ふみが演じます。

昭和という激動の時代に、人々に寄り添う曲を作った作曲家の話です!

朝ドラ「スカーレット」最終回感想

コメント