【病室で念仏を唱えないでください】7話あらすじと視聴率!ありのままに生きる娘を捨てた母の最期

病室で念仏を唱えないでください

松本(伊藤英明)は、幼なじみの父親・憲次に会いに行く。誰にも迷惑をかけたくない。哉に会いたいんだよ。

第7話、ありのままに生きるとはー。坊主が恋した!? 最後のデート!

「病室で念仏を唱えないでください」7話視聴率

「病室で念仏を唱えないでください」7話が放送されました。気になる視聴率は、8.9%でした!

松本照円(伊藤英明)は、僧侶でありながら救命救急センターで働いていた。日々、救急に運ばれてくる患者を診ていた。

「病室で念仏を唱えないでください」7話あらすじ

あおば台救命救急センターにスーパーで転倒し意識不明の前田鮎子(戸田菜穂)が搬送されてきた。三宅(中谷美紀)は鮎子が持っていたメモを見つけるが、そこには「自分は末期の乳がんで心肺蘇生は望まない」ということが書かれていた。鮎子の意識が戻り、松本(伊藤英明)は、チャプレンとして彼女の心に寄り添う。そんな中、松本は突然鮎子をデートに誘う。

次いで、交通事故の患者が搬送されてきた。ケガをしたのは桑島悟という14歳の少年で、緊急手術しなければならない状態だった。松本は悟の心臓あたりに小さな古い手術痕を見つけ、早々に手術を始めようとしたとき、濱田(ムロツヨシ)と瀬川(安井順平)が突如オペ室に入ってきて、松本を突き飛ばすように少年の手術を開始。救急に協力しない濱田が手術を手伝ってくれた話は、救急で話題になっていたがその真意は…?さらに濱田は、謎の投資家・リチャード(近藤公園)や医療コンサルタントの長谷(淵上泰史)と、秘密裏に会っているようで…。

一方、度重なる暴言に耐えかねた瀬川は、濱田へ初めて反論し、2人は言い争いに。その現場に居合わせた松本は、つかみ合いになる二人を制止すると、濱田の胸元に手術痕があることに気づいてしまう…。

出展:公式ページ

濱田の胸の傷

14歳の少年が救急に運ばれてきた。胸のあたりにオペの後があった。濱田は、珍しい症例だからオペに来てくれた。

松本には、納得できない理由だった。心外には、子どもと大人のオペができる人は少ない。濱田は限られた人材だった。

投資家のリチャード・ポーは、濱田の設立する施設に25億の投資を決めた。

前田鮎子は、乳がんの進行がんだった。緩和病棟に移ることを望んだ。松本の説法を聞かせてもらう。ありのままの心を知る。

「色ボケばばぁ。あるがままの私。死に前にもう1回くらい、男の人と遊びたかったな。」

松本は、僕とデートしようと誘った。鮎子は嬉しそうに笑った。

キャンプの話になった。大自然に囲まれていると生きてる感じがする。焚火には癒し効果がある。松本は、憲次をキャンプに誘った。

「いいね~。イヤなこと全部忘れられる。」

憲次は、ブログを書いていた。わたしはわたしのまま死んで行きたい。醜態を見せることなく死んで行きたい。

瀬川が病院設立の話を漏らしてしまった。濱田は怒ってしまう。全てを投げうって今日まで来た。その罵倒ぶりに瀬川が逆ギレする。

「先生、胸にオペの後があるって。」

ちゃんと憎まれて死ぬ覚悟

濱田は、運よくオペをしてもらえた。松本は、鮎子とデートをするため休みをとった。鮎子は、クリームソーダをたのんだ。

「私、娘がいるのよ昔捨てた。娘の塾講師がイケメンで、娘も好きだったんだけどね。駆け落ちまでしたんだけど、すぐに別れちゃって。」

料理人・タクシー運転手・漁師・医者、出会いが多かった。お坊さんとデートするのは、初めてだった。

「私の最後の仕事は、娘にきっちり憎まれて思いっきり文句を言われること。文句言われて、情けない死にざま見せられたら。それで充分。自分の業は自分で引き受けないと。」

鮎子の容態が悪くなった。娘が来てくれた。

「私に言いたいこと、たくさんあるんじゃない?」

「ふざけんな、今さら文句なんて。勝手に生きて、勝手に死ぬって。今までどれだけ私が…。私は絶対にいい母親になる。あんたみたいにはならない。この色ボケばばぁ、色ボケ。」

鮎子は、亡くなってしまう。ななは、最後に言いたいことを言えた。鮎子の指には、真っ赤なマニキュアが塗られていた。

好きだから生きて欲しい

松本は、憲次のブログを開く。息子のこと、小学1年生の楽しいエピソードが書かれていた。

「やっぱり死に方にいいも悪いもないんだと思います。」

どんな醜態も本音でも晒して欲しい。恨んでいるならそう言って欲しい。

「哉の代わりにお前が死ねばよかったって。お前が釣りに誘わなければよかったって。言ってくれた方がどんなに楽か。」

憲次は、松本を恨んだことはなかった。生きるためならどんなことでもする。

「僕は、おじさんのことが好きだから。1日でも長く生きて欲しい。僕のために…。これが僕のわがままな本音です。あるがままの本音です。」

「クマには勝てそうにもないけど。ガンになら勝てそうかな。」

憲次は、病気と闘うと約束した。松本は、嬉しくて泣いてしまう。ホームレスが運ばれてくる。ペースメーカーを入れていた。

ペースメーカーは、1コ200万~300万はする。松本は、どこで入れたかを確認する。その頃、濱田がペースメーカーを入れるオペをしていた。

「病室で念仏を唱えないでください」7話感想

(記事内画像出典:公式ページ

コメント