【未満警察】7話あらすじと視聴率!えん罪の証拠たった1つの真実を追え

未満警察ミッドナイトランナー

警察学校内部で立てこもり事件が起こった。9年前のスコップ男事件で捕まった天満暁生の無実を訴える家族によるモノだった。

第7話、警察VS真実の罠・射殺指令の陰謀を暴け!

見逃した方はこちらから⇨「Hulu

「未満警察ミッドナイトランナー」7話視聴率

「ミッドナイトランナー」第7話が放送されました。気になる視聴率は、9.1%でした。

「未満警察ミッドナイトランナー」7話あらすじ

警察学校の教室で、本間快(中島健人)、一ノ瀬次郎(平野紫耀)、助教の及川蘭子(吉瀬美智子)の3人を人質にとった立てこもり事件が発生。犯人の天満直子(長谷川京子)と直子の弟・智也(柿澤勇人)の目的は、9年前の連続殺人事件の犯人として逮捕された父・天満暁生(佐戸井けん太)の無実を証明することだった。
直子と智也の訴えを聞く中で、蘭子が3件目の事件の暁生のアリバイを証明できることが判明。真実を明らかにするため、本間はある作戦を立てる。
犯人に開放された態で教室の外に出た一ノ瀬は、立てこもり事件の指揮をとる警視正・国枝(木下ほうか)と管理官・弓倉(山口祥行)の尋問を受ける。そこで「犯人は5人。全員銃で武装。体には爆弾」と本間の指示通りに嘘の証言をし、警察がすぐに突入できないよう時間を稼いだ。そして教官の片野坂譲(伊勢谷友介)に本間からのメッセージを伝える。
そんな中、指揮本部では、国枝が捜査員たちに狙撃命令を出していた。窓際に犯人が見えたら射殺するよう指示を出す国枝に、教室内でSATの隊員が重傷を負っていることを伝え「代わりに私が人質になります。狙撃命令はその後に」と訴える片野坂。隊員が命を落とせば、この事件を外部に隠し通すことができないと危惧した国枝は、その要求を受け入れる。そして片野坂は、負傷したSAT隊員と入れ替わりに教室の中へと入っていく。
その頃、こっそり警察学校を抜け出した一ノ瀬は、2件目の殺人事件について暁生が無実だという証拠を持っていると直子に連絡してきた〝ムラタミキ〟と名乗る人物の元に、直子の代わりに会いに向かっていた。

出典:公式ページ

真犯人は警察関係者

片野坂がケガをしている人質の代わりになった。国枝は、窓際に立つ人間に対して狙撃命令を出した。

「スコップ男の事件は、お前や一ノ瀬のような人間にしか解決できない。」

一ノ瀬は、ムラタミキとの待ち合わせ場所に向かった。片野坂は事件のプロファイリングをする。

「この世に起きる殺人の半数以上は、家族による犯行。近しいモノを疑うのが基本だ。しかし、快楽殺人気が家族をターゲットにするのは稀だ。」

この時点で天満暁生を犯人とする警察の動きが始まった。3件目の事件現場からは、天満のライターが見つかった。

警察は証拠をねつ造していた。それを覆すには、事件当日の交通違反の証拠は必要だった。

「あの夜、暁生さんの奥さまが殺された夜。私は暁生さんと一緒にいました。だから、暁生さんが奥さまを殺せるはずがないんです。」

ムラタミキは、二人でいた証拠写真を持っていた。一ノ瀬は、ムラタミキから携帯を預かった。

その頃、柳田が犯人の衣類を見つけた。証拠を持つ一ノ瀬は何者かに襲われる。

真実の証明

「疑問に思わないか?証拠のねつ造、記録の隠蔽、自白の強要。」

警察は誰でもよかった。何かを隠そうとしている。本間は警察関係者の中に真犯人がいると思った。国枝は突入の指示を出した。

片野坂と及川は、この事件を防げなかったことを直子と智也に詫びた。

柳田の見つけた衣類から犯人が松波隼人で20歳であることが分かった。

「9年前の犯人とは別人です。」

一ノ瀬の持っていた携帯は破損してしまう。直子の携帯が鳴った。暁生が危篤になった。

「あなたたち警察に家族を殺されて、こんな人生を生きる価値ある?」

直子は自暴自棄になっていた。本間は無実を証明すると約束する。二人は片野坂と教室を出た。

「すいませんでした。頼まれたことできなくて。でも絶対に俺と快くんがお父さんの無実をはらしますから。」

直子と智也は、一ノ瀬に頭を下げた。その後、国枝が何者かに襲われた。

【公式】「5分で分かる!未満警察 ミッドナイトランナー #07」

見逃し動画配信サービス「未満警察ミッドナイトランナー」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「未満警察ミッドナイトランナー」は、動画配信サービスHuluで配信されています。

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題のサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「未満警察ミッドナイトランナー」7話感想

コメント