【麒麟がくる】32話ネタバレ感想!朝倉の反撃は幕府には内通者がいるのか

麒麟がくる

元亀元年(1570年)4月、信長は越前から京へ逃げる。浅井長政の裏切りによる判断だった。

第32話、『反撃の二百挺(ちょう)』

見逃した方はこちらからから⇨「U-NEXT

「麒麟がくる」32話視聴率

「麒麟がくる」32話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「麒麟がくる」32話あらすじ

鉄砲を手に入れろ

摂津は、浅井の裏切りを知っていた。朝倉は幕府を支えてくれた大名、摂津にとって気に入らないのは信長の方だった。

「お言葉にお気をつけ下され、敵の味方は敵を申しまするぞ。摂津どのは我らの敵になるおつもりか?」

光秀は、2万の朝倉勢を食い止めた。足利義昭が戦にいれば浅井が裏切ることはなかった。次の戦には出陣して欲しい。光秀は願い出る。

煕子は、美濃を出て京に来ていた。光秀を支える覚悟を決めていた。

光秀と藤吉郎は、今井宗久の家に来ていた。次の戦まで鉄砲を手に入れるためだった。宗久は、250挺の鉄砲を渡したばかりだった。

「宗久どのは、商人でもあり茶人でもある。」

義昭の出陣

「宗久どのが茶会に集まる顔ぶれを教えてきてくれた。」

鉄砲を手に入れたのは、筒井順慶だと確信した。順慶は松永と戦をしていた。

順慶は、こまと一緒にいた。足利義昭が上洛するとき同行した信長を尊敬していた。その道筋をつけたのは光秀だった。

光秀は、順慶に信長を引き合わせることで鉄砲を200挺手に入れる。その後、姉川の戦いでは信長の大勝利だった。義昭は戦に参陣する。

「ムカデは決して後には引かぬ、神仏のお告げと見たぞ。」

信長は、三好と本願寺と戦う。背後からは、朝倉・浅井に責められてしまう。

「信長さまは、叡山から多くを奪い。朝倉・浅井は、叡山に多くを与えた。つまるところ金ではありませんか?」

比叡山・延暦寺は、朝倉から多くの金を受け取っていた。

見逃し動画配信サービス「麒麟がくる」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「麒麟がくる」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「麒麟がくる」32話感想

コメント