【カムカムエヴリバディ】97話ネタバレと感想!るいと安子を繋いだ思い出たち

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」

るいと錠一郎は、喫茶店『Dippermouth Blues』に来ていた。懐かしい曲を聞きながらコーヒーを飲んだ。

第97話、るいと安子の思い出。

「カムカムエヴリバディ」第97話視聴率

第20週「1993-1994」第97話が3月18日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「カムカムエヴリバディ」第97話あらすじ

柳沢健一は、定一の一人息子だった。小学校の時には、算太の2つ下の後輩だった。

「すごく腑に落ちた。健一さん店でデートしてサッチモ聞いて、生まれて来た娘にるいってつけたんやって。」

どこの国とも行き来できる、そんな未来を娘に託した。8月15日終戦記念日、会うことのできなかった父を想う。

ひなたはるいの部屋の押し入れから、英語教材を見つける。安子・るいと書かれていた。

「急がず、無理をしないで自然に覚えられるだけ、1日1日新しいことを覚えていけば…。」

るいは神社で父・稔の幻想を見る。

「どこの国とも行き来できる、どこの国の音楽も自由に聞ける、自由に演奏できる。るい、お前はそんな世界を生きとるよ。」

るいは父親の形見・辞書を抱きしめる。そして、安子に会う決意をした。

「ジョーさん、私アメリカに行きたい。お母さんを探しに、アメリカに行きたい。」

見逃し動画配信サービス「カムカムエヴリバディ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「カムカムエヴリバディ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第97話感想

コメント