【アノニマス】最終話ネタバレと感想!倉木の求めた正義と相棒を守った万丞

アノニマス~警視庁指殺人対策室~

アノニマスの正体は倉木だった。万丞が病院に向かうが、すでにいなかった。

最終話、名もなき正義

「アノニマス」最終話視聴率

「アノニマス」最終話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「アノニマス」最終話あらすじ

倉木の暴走を止めろ!

倉木は万丞に連絡してくる。意識が戻ったとき裏切りに気がついた。

「単独の暴走で自滅した刑事として、このまま眠っていてもらいましょう。」

感情を殺したまま、その時を待った。2年前の真実を明るみにして裁くこと。記者会見を行うはずの城ケ崎が姿を消した。

「ネットで父がねつ造したというのは本当ですか?」

城ケ崎は遺体で発見される。2年前のねつ造を認めた遺書が見つかった。城ケ崎の娘は、2年前に思いつめていた父親を見ていた。

なぜフリーライター沢登が犯人にされたのか?証拠の中からSDカードが消えていた。倉木の共犯者は、春川だと分かった。

SDカードに隠された真実

城ケ崎の家族はネットで晒しものになった。家族に迷惑をかけたくない、その思いは踏みにじられた。

「2人のことは指対室が守ります。一緒に真実を突き止めさせて下さい。」

倉木の居場所を特定した。万丞はSDカードを見せる。

「犯人をねつ造したのは警察じゃない。国家公安委員長、長谷部だ。」

倉木は真実を見誤った。SNSで一斉に叩くやり方では、真実の追及はできない。家族に会い話すことで見えることもある。

「分かるはずだ、犠牲になった者の痛みが。」

倉木の中にあるのは悲しみ。万丞は倉木を庇って撃たれてしまう。

見逃し動画配信サービス「アノニマス」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「アノニマス」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信しています!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「アノニマス」最終話感想

コメント