【エール】15話ネタバレと感想!裕一の儚い恋と志津の正体

NHKドラマ

裕一(窪田正孝)は、ダンスホールに通い詰めていた。人気の踊り子・志津に想い寄せていた。職場では、交際の境界線の話になった。

第15話、踊り子・志津に夢中になった裕一は告白する。志津の答えは?

見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」15話視聴率

第3週「いばらの道」第15話が、4月17日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、19.7%でした!

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」15話あらすじ

接吻への導線

交際の境界線とは、それぞれの組み合わせによって変わる。

「一緒にお酒を飲む。」

「告白して了承を得る。」

「手を繋ぐ。」

「古山くんは、どう思う?」

「いやー、僕はお会いしてお話してれば、もう楽しいんです。」

「ダメだよ、相手は海千山千の踊り子さんだど。すぐ飽きられて愛想つかされっちゃうよ。」

「接吻ね。」

「接吻?」

キレイで経験豊富なレディ、かたや恋愛未経験のボーイ。この2人を繋ぐのは、接吻しかない。昌子(堀内敬子)が煽った。

「ひと口に接吻の言っても、どうすればいいのが分かりません。」

鈴木(松尾諭)は、接吻の仕方を見せようとする。

「ややり方は、僕だって知ってます。僕が知りたいのは、接吻する状況に持ち込む方法です。」

「古山くん、乗って来たね。」

「やっぱし、お酒を飲んで少し酔った帰り道。ふと止まり、相手も止まり。」

「自然でいいけど、慣れてる人みでえね。」

「月がキレイだね、君の唇の方がもっとキレイだ。」

「いやー、気持ち悪い。だから今でも一人もんなんですよ。」

「僕だったら、接吻してもいいですか?」

「言葉にするなんで興ざめ。」

「だったらどうしたらいいんだよ。」

「いきなりがいいわ。」

「いやー、それはムリだばい。」

「女はドキドキしたい生き物なの。」

「難易度高いよ、ねぇ古山くん?」

「いきなりって、どどどうすれば?」

「おう、やる気満々だね。」

ドキドキさせるためには、予期せぬ事態が必要だ。予期せぬ事態を作るためには…。

「ねぇ、練習してみる?いいがら、いいがら。来てみて。」

昌子は、唇と尖らせて練習しようとする。

「この店、サキちゃんが教えてくれたの。出来たばかりだけど評判いいのよ。そう言えば、サキちゃんったらね二人の男の人どちらか選べなくてね。」

一人は真面目で誠実なんだけど固すぎるし、一人は面白いけど調子が良過ぎて少しいい加減な人。裕一は志津の唇ばかりを見ていた。

「ねぇ、裕一さんは、どんな女の人が好み?ほら、見かけとか性格とか何かあるでしょ?」

「ええ、どどんな。君のような人。」

鈴木が黒板に書いた言葉を伝えた。

「お世辞でも嬉しい。」

「ほほ本心だから。」

志津(堀田真由)がお手洗いに立つ、戻ってくる志津を鈴木がコケさせる。そこを裕一が受け止める時がチャンスだ。

「だだ大丈夫ですか?」

裕一には出来なかった。レストランには、銀行のみんなが駆けつけていた。

裕一の告白と志津の正体

「ねぇ、もう店には来なくていいから。」

「えっ?」

「こらからは、外で会いましょう。」

「分がりました。」

「何やってる?何やってんだおめえ。」

「ごめんなさい、ああの僕。」

「俺だ、鉄男だ。」

「うん?茂木大将?」

鉄男(中村蒼)は、自分の名刺を見せた。

「すごいね、藤堂先生が紹介してくれたんだ。」

「最初は、新聞配りからだったけどな。まぁ記者って言っても、任されんのはお店の紹介とがだし。」

「良かったねぇ、本当に良がったねぇ。」

「良かったじゃねえだろ。音楽は?何で銀行なんがに住んでんだ?」

「おじさんの銀行なんだ。養子になる。」

「それで、女にうつつ抜がして。」

「み、み、見てたの?」

「あの店、取材してたんだ。何で音楽止めた?」

「家族のためだ。仕方ない。」

「お前の家の事情は、よぐ分かんねぇ。ただ昔、俺が弟食わせるため働かなきゃなんねぇ。誌なんか書いてらんねぇった言ったら、お前言ったよな。」

しがみつけば必ず道は開ける。大将、詩人になれるよ。その気持ちは、ウソだったのか?

「古山くん、郡山までお金届けてくれる?」

裕一は、鉄男の言葉を思い出していた。

「俺は、お前の言葉を信じでまだ詩を書いている。なぜだと思う?子どもの頃、唯一励まされた言葉だったからだ。俺が誌を書き、お前が曲を作る。その歌がレコードになり、みんなが聞く。そんな夢を描いてたけど。それもまた夢だな。」

裕一は、バスの中にお金の入ったカバンを置き忘れてしまう。

「すいません、バスにカバンを忘れてしまって。」

「このたわけが。踊り子に現を抜かしてるらしいな。すぐに別れろ、お前の相手は俺が見つける。」

茂兵衛(風間杜夫)がカバンを持って来てくれた。裕一は、夢も自分も見失っていた。志津だけが残された未来だった。

「志津さん、君を探していた。僕、おじに反対されたけど。反対されて気づいた。君のことが好きです。付き合って欲しい。」

「ああ、可笑しい。私ダレだか気づかない?富よ富、小学校の同級生の。やっと思い出した。私はダンスホールですぐに気がついたのに。あんた私を無視した。しゃくだから、からかってワザと近づいたの。」

「近づいて惚れさせて、ここぞっというときにバーカって言ってやろうと思ってね。」

「ぼぼ僕は、真剣に。」

「何が真剣なのよ。同級生に気づきもしないで。」

「だだって、あまりのも違うから。」

「私の家の店、潰れたの。それで今、ダンスホールの踊り子。男の機嫌とって毎日必死に稼いでる。なのに何?あんたは銀行の跡取り?冗談じゃないわよ。あんたは昔からそう。そうやってどっかで私たちのことバカにしてんのよ。」

「昔は、音楽家でございーって顔してたけど。今は、銀行家でございってが。バカバカしい。はー、スッキリした。じゃあね、お坊ちゃま。大人になるのよ。」

裕一の初恋は、儚く散ってしまった。

4月20日(月)からは、第4週「君はるか」がスタートします!音は歌手を目指していた。裕一は、音と文通をする。まだ会ったこともない二人は手紙を通して恋をした。

朝ドラ「エール」15話感想

コメント