【天使にリクエストを】最終話ネタバレ!和子の最期の願い偶然の出会いなんてない

天使にリクエストを

佐藤和子が救急車で運ばれる。島田たちは葬儀の後で駆けつける。

最終話、聖母バラッド

「天使にリクエストを」最終話視聴率

「天使にリクエストを」最終話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

「天使にリクエストを」最終話あらすじ

倒れて病院に運ばれた和子(倍賞美津子)。和子自身も末期のがんに冒されていた。死期が近づいていると悟った和子は、サイレント・エンジェル財団の活動を寺本(志尊淳)に託す。一方、時恵(板谷由夏)とやり直すことを誓った島田(江口洋介)は、和子に身寄りがないか亜花里(上白石萌歌)とともに調査を開始。やがてこの活動の裏に和子の本当の「最後の願い」が隠されていることに気づいた二人は、ある人物に会いに行く――。

公式ページ引用:天使にリクエストを

島田のやり直し人生

島田の義理の父が亡くなった。葬儀の後、みんなで病院に向かった。

「修吾ちゃん、こんなときこそ側についてあげなきゃダメよ。」

和子のガンは転移していた。和子は、『さわや』の経営者をしていた。経営が傾き身売りしてしまう。島田は家族を探すが息子は自殺していた。

「あなたの心がキレイだから。自分が汚く見えて。」

訪問介護ステーション『さくはな』は、寺本の母親が経営している。島田と亜花里が会いにいくと面識がないとウソをついた。

「私もできるだけ島田の活動を支えたいと思います。」

時恵は、島田とやり直すことを決めた。

僕の尊敬するおばあちゃん

「そうよ。佐藤和子さんは、あなたのおばあちゃん。」

寺本の両親は、訪問看護の仕事をする。その夢を叶えるため和子の反対を振り切った。トラブルが発生したとき和子は助けてくれることはなかった。

「何かあったら、あの子を呼んであげて下さい。」

寺本は全てを知ってしまった。個人的なことに利用された。寺本は財団を辞めたいと言い出す。父親のことで怒っていた。

「いくつになっても人は間違えるんだよ。けどその分、人のことを思えるようになるんだよ。人のことを思うことが自分を思うことにも繋がるんだよ。」

死を見つめることが生きることに繋がるように。和子の最期の願いは、真実を知らせないこと。その願いを叶えられるのは寺本だけだった。

「僕の尊敬する。僕のおばあちゃんです。」

寺本は、和子をみんなに紹介した。和子は嬉しそうに笑った。

見逃し動画配信サービス「天使にリクエストを」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「天使にリクエストを」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「天使にリクエストを」最終話感想

コメント