【天使にリクエストを】3話あらすじと視聴率!元ホームレス最後の願い貧民狂想曲

天使にリクエストを

島田は、元ホームレスの武村に出会う。最後の願いは自宅に帰ることだった。

第3話、貧民狂想曲

「天使にリクエストを」3話視聴率

「天使にリクエストを」第3話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

「天使にリクエストを」3話あらすじ

元ホームレスの末期がん患者・武村(塩見三省)の素性を調べて欲しいと頼まれた島田(江口洋介)。武村の「最後の願い」は、アパートで荷物の整理をしたいという単純なもの。望みは叶えたものの、帰り際に口にした「俺はかつての爆弾犯」という言葉が胸に引っかかる。武村は小説を書くことが生き甲斐だったが、過去に生活保護受給者の宿泊所で小説を侮辱されたことがあった。その時、武村が病院を抜け出したという報せが入り――。

公式ページ引用:天使にリクエストを

武村の最後の願い

佐藤は、『サイレントエンジェル』を立ち上げることになった。最初の仕事に武村を選んだ。偽名で生きて来た男の素性を調べる。

「そのノートの中に人に読まれたくないモノがあるのよ。」

武村は犯罪者である可能性もあった。亜花里は、佐藤の後をつける。とても金持ちと思えない生活を送っていた。

「俺が作った爆弾だ。俺は45年前の爆弾魔だ。」

武村はウソをついた。部屋の中には何もなく、爆弾を作った形跡はなかった。小説のノートだけを取りに来ていた。

島田は父親の同僚を病院に連れて行く。高津川は、45年前の爆弾犯を追っていた。

「自分だけ生き延びて、その男は何を考えているのか?大勢の犠牲者、遺族が今でも苦しんでるんだ。知ってるなら死ぬ前に教えてくれないか。」

武村は何も話そうとはしなかった。

死に場所を求めて

ある日、小説を書いていることがバレてしまう。職員は破り捨てる。武村は、無料定額宿泊所を出ると言い出す。そして、アパートを借りた。

武村が病院から姿を消す。島田はアパートの床下には、爆弾を作るための部屋があった。

「武村さんは死ぬ気だ。ずっと死に場所を求めてたんだ。」

武村は、無料定額宿泊所に爆弾を仕掛ける。

「俺はここで死ぬと決めたんだ。」

島田は、武村と一緒に死のうとした。だが、爆発はしなかった。ある男に爆弾の作り方を教えてもらった。その姿を見て小説を書く夢を持った。

「俺には何の価値もなかった。最後に本物の爆弾を作って見たかった。本物の爆弾犯になって見たかった。」

「あんたの書いた小説の方が、ずっと価値のある爆弾だよ。俺はそう思う。」

武村は意識を失ってしまう。AEDによる処置がされる。最後に自分の価値を知ることできた。武村の願いは叶えられた。

見逃し動画配信サービス「天使にリクエストを」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「天使にリクエストを」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「天使にリクエストを」3話感想

コメント