【天使にリクエストを】4話ネタバレ!つみびと巡礼歌、過去の消せない想い

天使にリクエストを

島田は、居場所のない亜花里と出会う。ある日、薬を持っている情報を掴んでしまう。

第4話、つみびと巡礼歌

「天使にリクエストを」4話視聴率

「天使にリクエストを」第4話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

「天使にリクエストを」4話あらすじ

元妻・時恵(板谷由夏)の父・三井(山本學)が島田(江口洋介)の活動を知り、秩父の札所巡りをしたいと依頼して来る。時恵は島田と同行することに反対するが、和子(倍賞美津子)らの説得もあって秩父に向かう。三井の本当の願いは、息子の聖哉(林田悠作)を失ったことで壊れてしまった島田と時恵の関係を取り戻させることだった。だが互いに深い傷を負った二人のすれ違いは続き、巡礼のさなかに三井にも痴呆の症状が現れ――。

公式ページ引用:天使にリクエストを

義父の最期の願い

島田は、亜花里の薬のことを隠した。その直後、暴力団との黒い関係が記事になってしまう。亜花里はずっと気にしていた。

情報屋を守るために仕方なく金を受け取っていた。その情報屋を追っているとき流れ弾で息子を亡くしてしまう。

島田は、時恵の父・三井の依頼を受ける。肺がんの三井の願いを聞くことになった。みんなで秩父に向かうことになった。

「修悟くん、連れて来てくれてありがとう。」

三井は嬉しそうに笑った。三井は、残してしまう時恵を心配していた。時恵は島田と話をすることになる。

「俺は刑事だ。あの時は、犯罪者を見過ごすことはできなかった。それだけのことだ。そうするしかなかったんだ。」

「そうねぇ、あなたは間違ったことはしてない。だから、聖哉が死んだのは仕方なかったのよ。だけど、だけどダメなの。私はあなたを許すことはできない。」

島田への憎しみは消えることはなかった。

つみびと巡礼歌

島田は、爆弾を作った患者と一緒に死のうとした。

「私じゃダメなんです。それを止められないんです。時恵さんじゃなきゃダメなんです。それもダメですか?関係ないですか?」

島田が三井に挨拶をするが誰なのか分からないでいた。認知症が進んでいた。二人で歩いた巡礼のは聖哉を思い出させた。

「お母さんを悲しませないでよ。」

聖哉との約束を思い出した。

「聖哉に言われたんだ。お母さんを悲しめるなった。それが最後の聖哉の願いになってしまった。」

島田は、聖哉の前で警官らしいところを見せたかった。だから追ってしまった。

「聖哉を守れなかった。すまない、すまない聖哉。お前の願いも約束も俺は果たせていない。すまない、すまない聖哉。」

車の中では、ユーミンの歌・守ってあげたいを唄った。その後、三井は旅立って行った。時恵は、島田の手を握った。

見逃し動画配信サービス「天使にリクエストを」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「天使にリクエストを」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「天使にリクエストを」4話感想

コメント