【天使にリクエストを】2話あらすじと視聴率!母の切なる想い捨て子ブルース

天使にリクエストを

島田は、幹枝の息子に会うことになった。暴力団の組長になった

第2話、捨て子ブルース

「天使にリクエストを」2話視聴率

「天使にリクエストを」第2話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

「天使にリクエストを」2話あらすじ

幹枝(梶芽衣子)の告白に耳を傾けた組長の山本(六平直政)だが、記憶に食い違いがあり、子供探しは振り出しに。幹枝は候補がもう一人居ると、地域医療に献身する捨て子だった医師が書いた本を差し出す。会って確かめたいと言う幹枝だが、その晩、喘息の発作で危険な状態となってしまう。東京に戻るか、医師に会いに岐阜へ向かうか、選択を迫られる島田(江口洋介)たち。判断を託された付き添いの看護師・寺本(志尊淳)は――。

公式ページ引用:天使にリクエストを

母の切ない想い

昭和34年、幹枝は食堂で働いていた。的屋の仕事をする養父と母と一緒に暮らし、しばらくして母親が亡くなってしまう。

父親から乱暴されて逃げるように出て行く。食堂で知り合った男性の家に住むが、幸せな日は続かなかった。しばらくして妊娠に気がついた。

「悪いのは、みんな私です。それでも、あなたを見たかったんです。」

幹枝は、山本に土下座して謝る。山本は名前を書いたメモの話をする。幹枝にはメモを書いた覚えがなかった。

「実は、もう一人いるんです。」

山岡浩司は、地域医療の医者をしていた。幹枝が子どもを捨てた養護施設で育っていた。

幹枝が喘息の発作を起こしてしまう。山岡の診療所に向かった。

息子と名乗れない気持ち

山岡の名前は、施設の人につけてもらった。島田は、幹枝が母親であることを告げる。

「数年前、本当の母親が分かったんですよ。DNA鑑定もしたので間違いありません。」

山岡は、幹枝の前でウソをつく。島田が息子のフリをして欲しいと願い出た。

「ごめんなさい。」

幹枝は、食堂で働いていた時のことを思い出す。

「この仕事続けたいの。財団を作りたいのよ。人間の最期の願いを叶える財団法人。ヨーロッパには、そういうの出来てんのよ。」

佐藤和子は、1億円の通帳を持って来た。山本から連絡が入った。

「もし死んだら、悪いけど手厚く葬ってくれないか。金がないなら言ってくれ。」

山本は、幹枝が残した本を持っていた。本当の息子だった。

「ありがとう。これで死んでも、あの子のそばであの子の幸せを祈れます。」

幹枝は亡くなってしまう。幹枝は山本克実の新聞記事を握りしめていた。

見逃し動画配信サービス「天使にリクエストを」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「天使にリクエストを」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「天使にリクエストを」2話感想

コメント