【タリオ】2話あらすじと視聴率!火を操るトリック教祖の仲間はダレだ

タリオ

元弁護士の白沢真美は、怪しげな詐欺師・黒沢と出会う。復讐代行の仕事をすることになった。

第2話、炎を操る女教祖にマミクロ絶体絶命

「タリオ」2話視聴率

「タリオ」第2話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「タリオ」2話あらすじ

正義感の強い元弁護士(浜辺美波)と怪しげな詐欺師(岡田将生)がタッグを組み、事情を抱えた被害者からの依頼を受けて悪人に復讐するドラマ。第2話は妻を呪い殺された和紙職人(竹原ピストル)の復讐話。男が住む村は昔から信仰心にあつかったが、ある日女教祖(伊藤歩)が現れ、不思議な力で村人たちを帰依させた。だが意に従わなかった男の妻を呪い殺した、復讐してほしい、と頼むこむ。真実と黒岩は二人で村に乗り込むが…。

公式ページ引用:タリオ

火を操るトリック

冠華喜村(かんげきむら)に住む谷村寛治は、和紙工場を経営していた。ある日、妻が新教祖に大金の御布施していることが分かった。

「とにかく教祖に会うだけ会ってもらえませんでしょうか?」

白沢と黒岩は村に向かった。村には、産廃業者が廃棄物を無断で投棄していた。

「一度会って頂ければ分かります。教祖さまは、本当に良い方です。」

教祖は、手のひらから火を作り出していた。白沢は教祖の部屋に潜り込む。教祖の部屋の棚には薬品が並んでいた。

「何かあると思いません?札をもらった途端、こんないいことがあって。」

白沢は化学の勉強をする。黒岩の手のひらで火をつけて見せた。そして、二人は教祖に呼び出される。

「あなたの近い血筋のモノが大きな悪行を行っていますね。まもなく、あなたにも大きな不幸が訪れる。」

教祖の仲間はダレだ!

黒岩は、和紙の原料を仕入れることができた。ところが、工場から火が出てしまう。保管に関することは買い手が追うことになる。

「ほんの6ヵ月前に改定されています。新しい民法では、買い手は代金を拒否できるんです。」

産廃業者の車が燃える事件が起こる。教祖の言葉が当たる。黒岩は村の住民が怪しいと感じた。自分を呪い殺してみろ、白沢は言い切った。

旅館が停電になる。消したはずのロウソクから火が出る。白沢と黒岩は教祖の部屋に忍び込む。黄りんは空気に触れると火が出る。そこへ教祖が来てしまう。

「あなたたちの中に私の信者になると誓うものがあるのであれば、最初の一人だけ助けて差し上げましょう。」

黒岩が名乗り出た。教祖は火をつけることをためらう。教祖とグルだったのは須川だ。黒岩が見抜いた。

見逃し動画配信サービス「タリオ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「タリオ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「タリオ」2話感想

コメント