【おかえりモネ】67話ネタバレと感想!百音と菅波の距離を縮めたコインランドリー

朝ドラ「おかえりモネ」

朝岡は、数日前に登米に行っていた。土砂崩れにあった石根町にも立ち寄っていた。

第67話、災害が何度もある場所に住み続けるのは難しい!

「おかえりモネ」67話視聴率

第14週「離れられないもの」第67話が8月17日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」67話あらすじ

「みなさん無事だったとはいえ、暮らしが戻ってきたばっかりなのに。本当にお気の毒です。」

8年前、サヤカは初めて朝岡と会った。その時も靴は泥だらけだった。暗い顔をしていた。

石ノ森章太郎の雨の絵は、あの日を思い出させる。朝岡は静かに見つめていた。

「石根町のような場所は、何か別の問題に直面しているのではないかと…。」

石根町は、8年前の集中豪雨があってから頻繁に被害が出るようになっていた。

「そばでも食べませんか?そこの角にあったでしょ、そば屋。48分で戻りましょう。」

菅波は百音をそば屋に誘った。

「土地を離れるのも仕方ないと思います。たびたび被害に遭う場所は、生物にとって適した場所とは言えない。」

菅波はいつも正しい。でも、百音は離れたことに対する負い目を感じていた。そこに耕治がやって来る。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」67話感想

コメント