【推しの王子様】8話ネタバレと感想!一緒に生きることはできない航への想い

推しの王子様

『恋する森の中へ』は、史上最速で300万ダウンロードを記録する大ヒットになった。

第8話、8か月後・・・ 封印した想いを涙の告白!遂にあの男が動き出す!!

「推しの王子様」8話視聴率

「推しの王子様」8話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「推しの王子様」8話あらすじ

航はプランナー&デザイナーとして仕事を続けていた。乙女ゲーム界のプリンスとして注目されるようになる。

光井はゲーム会社と立ち上げた友人から誘われていた。何のためにペガサス・インクにいるのか?

声優のアフレコスケジュールでトラブルが起きる。航は心配していた。

「何か最近、泉美さんの様子が変なんだよ。元気がないっていうか。」

新キャラクター・ルナの声優・駿河は、台本の書き直しを求める。航にはその理由が分かった。

「僕の声が役に合っていると分かってくれる人と仕事がしたい。」

航が直した台本に駿河が納得した。ライターを急がしたがゆえの間違いが発生した。泉美は自分を責めてしまう。

「今は分からないの。急に靄がかかったみたいで、何が好きだったのか考えちゃうの。」

泉美は航のことを想っていた。愛することよりも育てる気持ちを選んだ。そして、光井は気持ちを伝える。

見逃し動画配信サービス「推しの王子様」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「推しの王子様」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます!
・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です!
・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます!

・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「推しの王子様」8話感想

コメント