【生きるとか死ぬとか父親とか】2話ネタバレ!大切な記憶は捨てられない

生きるとか 死ぬとか 父親とか
トキコは父親のことをエッセーに書くことにする。母親を亡くしたとき何も残せなかった。その時の公開が残っていた。 第2話、老いるとか 思い出とか

「生きるとか死ぬとか父親とか」2話視聴率

「生きるとか死ぬとか父親とか」第2話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

「生きるとか死ぬとか父親とか」2話あらすじ

老いるということ

しんなりモナカは、34歳でマンションを持っていた。10年ぶりに彼氏ができて持ち家のことを言えずにいた。関係が壊れることに怯えていた。 「ローンを組める度胸がすごいよ。しれーっと言ってみたらどうですか?ギクシャクするならそれまでの男だし。」 ある日、トキコは叔母の見舞いに行くことになる。叔母は華道の師範として働き、独身を貫いた。マンションを買いケアハウスも自分で準備した。 「外の空気が吸いたい。」 オシャレをしてスーパーに買い物に行くことになった。 「好きなものを好きなときに食べてもいいよね。」 バーバの好きなオレンジのマニキュアも買った。

捨てられない記憶

病室に戻ると見知らぬ女性がいた。花を活けていた。父親が入院した時に見た女性に似ていた。 「先生ごめんなさい、先週も来たかったんだけど仕事の都合で。」 バーバは子どもの頃の話を始める。赤い服に赤いマニキュアの姉は、家族の生活を支えていた。回りは蔑んだが家族は感謝していた。 その後、バーバは亡くなってしまう。仕切り屋のバーバがいない葬儀は静かだった。トキコは口紅を入れようとするが断られる。 「そんなことのために遺族の気持ちを踏みにじっていいのか」 おたんこナスは、浪人して大学に合格していた。祖父母の家から通うことになった。叔母の部屋を使うが遺品で溢れている。断捨離をすすめたい。 「遺族にとっては大切な記憶なんです。人間には捨てられない記憶があるんです。」 親よりも先に逝った娘を想う気持ちは誰にも分からない。

動画配信サービス「生きるとか死ぬとか父親とか」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「生きるとか死ぬとか父親とか」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 ・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「生きるとか死ぬとか父親とか」2話感想

コメント