【刑事7人】2話あらすじと視聴率!怨恨による誘拐事件アリバイがある理由

刑事7人

連続誘拐事件が起こった。犯人の要求は、過去の事件への謝罪だった。ねつ造・デマ情報・虚偽報告、誘拐は怨恨によるモノ。

第2話、3連続誘拐殺人のヒミツー鉄壁のアリバイと復讐

見逃してしまった方はこちらから⇨「 U-NEXT 」でどうぞ!

「刑事7人」2話視聴率

「刑事7人」の1話が放送されました。気になる視聴率は、11.6%でした!

「刑事7人」2話あらすじ

法務大臣・高木慎一郎(金子昇)の隠し子、教育委員会の元教育長・小林孝之(不破万作)の孫の誘拐事件が解決しないまま、3件目の誘拐事件が発生する。さらわれたのは、過去に殺人事件の被疑者の精神鑑定を手掛けていた大学教授・木下幸二(藤田宗久)の孫。しかし、今回の現場には、前2件のように白い塗料で書き殴られた不可解な数字は残されていなかった…。
 一方、殺害された小林の解剖を手掛けた法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)は、胃の中からプラスチック容器に入った黒い紙を発見。そこには白いペンで数字が書かれていた。専従捜査班の天樹悠(東山紀之)らは、この数字が木下の孫を誘拐する犯行予告だったのか…!?と、首を傾げる。

 2件の誘拐事件を調べると、過去に高木と小林が保身のために冤罪をでっち上げ、真相を闇に葬っていたという事実が判明。その事件の真相を公にし、真犯人を粛清する殺人事件が続いていたため、木下が過去に精神鑑定を担当した事件にも隠された真実があるのではないか…と考えた天樹は、1件の裁判記録を入手する。これは、3年前、帰宅途中の女性・本条美和(花奈澪)が廃墟に連れ込まれ殺害された通り魔事件の記録で、それによると、木下が行った精神鑑定が採用され、被告人・村上雅人(平田雄也)が無罪になっていた。しかも、その日にちは小林の胃から出てきた数字だった――!
 一連の犯行は、遺族による復讐ではないかとにらむ水田環(倉科カナ)と青山新(塚本高史)は、通り魔事件の被害者の父・本条健一(正名僕蔵)のもとへ。しかし、前2件の被害者遺族・原田國広(阿南健治)、大河内貞夫(升毅)と同様、本条にも鉄壁のアリバイがあった…。

公式ページ引用:刑事7人

精神鑑定のウソ

天樹は無罪になった村上に会いに行く。村上は事件のことを覚えていなかった。遺族の本庄には、アリバイがある。

「強いて言えば、強い殺意。」

精神錯乱状態の刃物の事件は、何度も刺し傷があることが多い。被害者には深く1ヵ所だけの刺し傷だった。

事件が起こったクラブでは、3年前まで薬の取引があった。薬がらみの口封じの可能性があった。3人での協力殺人の疑いがある。

本庄には、全ての事件でアリバイがなかった。村上の精神鑑定をした木下の孫が誘拐されている。犯人からは何の連絡もなかった。

本庄・原田・大河内は、被害者の会で知り合っていた。木下が告発することになった。村上の精神鑑定は、ねつ造されていた。

間違った正義感

本庄は村上を拘束していた。薬を取られたから殺した。村上は殺人を認めた。天樹たちが駆けつけた。

「この手で、この手で殺したかった。」

計画は、全て大河内が考えた。原田と本庄は、子どもたちの居場所を知らなかった。そして、大河内が自殺してしまった。

彼には感謝している。大河内はメモ書きを残していた。天樹は小林の殺害方法が気になっていた。

大河内は自殺ではなかった。ビルの屋上から落ちまいと抵抗した跡が残されていた。天樹たちは実況見分を行った。

庶務係の加山は、被害者支援室にいたことがあった。大河内に指示を出していたのは加山だった。

加山は中学の時にイジメにあっていた。その時の教育長が小林だった。憎しみから加山が殺していた。

「思いは遂げました。自首をして、あなたのことも。」

加山は大河内の殺害を認めた。子どもたちは、無事に解放された。

見逃し動画配信サービス「刑事7人」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「刑事7人」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信しています。
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「刑事7人」2話感想

コメント