【遺留捜査】6話ネタバレ感想!リードに隠された意味と新庄の覚悟

遺留捜査

ジャズサックス界のトッププレイヤー・新庄リュウがステージで演奏中に倒れ死亡する事件が起きた。

第6話、パーツに隠された暗号の真相とは!!

「遺留捜査」6話視聴率

「遺留捜査」第6話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「遺留捜査」6話あらすじ

リードに隠された意味

新庄は中毒死の可能性があった。糸村はポケットにあるリードの数字が気になった。付き人の満島拓斗に確認すると数字は使い始めた日付だった。

サックスのリードは消耗品。しかし、5/3という数字は不自然だった。

次のニューヨーク公演ではメンバーを変える。外されるメンバーが犯行に及んだのか?ピアノ奏者の棚橋詠美は元恋人だった。

拓斗はプロデビューを新庄にジャマされていたことが分かった。毒物はサックスのマウスピースから見つかった。

「そりゃあ悔しかったですよ、これでバイト三昧の生活から抜け出せると思ったから。」

詠美は新メンバーで活動しようとしていた。サックスは拓斗に決まっていた。

新庄の音楽への想い

拓斗は親の借金を返済していた。プロデビューを断れて直後、付き人をやめるつもりでいた。歩道橋の上で話あううちにサックスを落としてしまう。

「誰かが修理した、その時に。」

新庄はサックスの部品に塗られた毒を吸い込んでいた。阿久津楽器店の薬品庫からは、荒木の指紋が見つかった。

関口香澄は拓斗の幼なじみだった。新庄は難聴になっていた。その診断を受けた直後に香澄に出会う。リードを作ることに没頭した。

拓斗との出会いは新庄に忘れかけたモノを思い出させた。4ヵ月間、触ることのなかったサックスを吹いた。

「満島さんには輝く生み出す力がある。だからこそ、お金のためにプロになろうとする満島さんが許せなかった。」

新庄はニューヨーク公演では満島を抜てきしようとしていた。満島に出会うことで最後まで音楽と向き合おうとした。

見逃し動画配信サービス「遺留捜査」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「遺留捜査」は、動画配信サービスU-NEXTで配信予定!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「遺留捜査」6話感想

コメント