【特捜9 season3】3話ネタバレ!完全犯罪のワナ本当に守りたいモノ

特捜 season3

フレンチレストランのオーナー・栗原俊也が撲殺される。第一発見者は従業員・青山香織だった。

第3話、殺しのオムライス

「特捜9 season3」3話視聴率

「特捜9 season3」第3話が再放送されました。気になる視聴率は、13.9%でした!

「特捜9 season3」3話あらすじ

虐待サバイバー

事件当日、香織はヘッドスパに行っていた。浅輪は店から写真の切れ端を見つける。ヘッドスパには週に1度通っていることが分かった。

ヘッドスパリスト・江藤ゆり子は、顧客の悩みごとにも相談にのっていた。施設で育った香織は先代に拾われた。オムライスを守るために店に残った。

「隠し味があるの、公表はしてないけど私は分かっちゃった。」

風景写真の場所を見つけた。その近くで会社役員・篠田浩一が撲殺される事件が起こった。浅輪は家の中にヘッドスパの紙袋を見つけた。

「私、虐待サバイバーなんです。」

香織は子どもの頃に虐待を受けていた。

「ごめんなさい、もう二度と描きませんから。」

篠田の妻・絵美子は青柳と矢沢に怯えた。近所の人は妻の叫び声を聞いていた。

完全犯罪のワナ

幼い頃に虐待を受けた人は脆い心を持っている。ゆり子は父親から虐待されていた。警察に相談すると虐待はエスカレートした。

「そうよ、私は自分で自分を救ったの。」

小宮山と青柳は『フットレスト』に来ていた。あなたが守りたかったのは何?オムライスの美味しさは、殺人よって客を呼ぶことはない。

「あなたは何も悪くない。消えてもらおうよ、そんな男。」

ゆり子はバールを渡した。絵美子は栗原を殺し、香織は篠田を殺した。交換殺人だった。

「あなたは同じ罪を持つ仲間が欲しかっただけだ。」

父親を殺した罪を背負ったまま、今も苦しみの中にいた。

見逃し動画配信サービス「特捜9 season3」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「特捜9」は、動画配信サービスU-NEXTで配信予定!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「特捜9 season3」3話感想

コメント