【らんまん】121話ネタバレと感想!万太郎が自然を守るための決断

朝ドラ「らんまん」

*当サイトはアフィエイト広告を利用しています

万太郎は植物採集に来ていた。ツチトリモチが咲く森だった。

第121話、万太郎の決意。

スポンサーリンク

「らんまん」第121話視聴率

第25週「ムラサキカタバミ」第121話が9月18日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「らんまん」第121話あらすじ

「わしはどうしても、この子を世の中の人々に伝えたい。けんど、発表するには大学の身分ではさわりがる。」

万太郎は大学を辞めたいと言い出す。珍しい植物・ツチトリモチを守りたい。

「人間の欲がどういう植物を絶やそうとしているか、世の中の人に伝えたい。」

なぜ辞めなければならないのか?子どもたちは納得しなかった。

「この間授業で習ったばっかりだよ。木々が根を張ることで山崩れを防いでいる。災害の多い日本で木が重要なんだって。」

根津神社が取り壊しになれば、根津は根津でなくなる。自然を愛する鳥たちもいなくなる。国のやり方は間違っている。子ども達は万太郎の考え方に賛同した。

「あんた、差配人ついでくれないかね。家主がさ、具合が悪いみたいなんだよ。ここが好きだからね。」

りんは家主と暮らすことになった。ここに住んでくれてありがとう。家族のように過ごした時間は宝物だった。

見逃し動画配信サービス「らんまん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「らんまん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信しています!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「らんまん」第121話感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました