【DIVER-特殊潜入班-】4話ネタバレ!テロ組織の取引と黒沢の逮捕

DIVER-特殊潜入犯-

神戸の百貨店の前で爆発事故が起こった。警察は不発弾と発表した。防犯カメラの映像は乱れていて犯人を特定できなかった。

第4話、謎の爆発とテロ計画、最大の敵と全面対決

「DIVER-特殊潜入班-」4話視聴率

「DIVER-特殊潜入班-」第4話が放送されました。気になる視聴率は、6.6%でした!

「DIVER-特殊潜入班-」4話あらすじ

数週間後に日米安全保障会議を控えたある夜、神戸の百貨店の前で爆発事件が発生。爆発物から微量の化学物質が検出されたことから、阿久津(りょう)はテロの可能性を考えるが、大事な会議を前に警察の威信を守りたい警視庁・警視監の遠藤洋三(小市慢太郎)は阿久津に事実の隠ぺいを指示。さらに、日米安全保障会議で厳重に警備をするようくぎを刺す。

阿久津は、警視庁から届いたテロに関する資料を伊達(安藤政信)に渡し、D班に潜入捜査を命じる。資料には、元外交官の渡辺和之(戸田昌宏)という男の情報が記されていた。渡辺は外務省を辞めた後、化学物質の輸入や輸出を行うリトレイド貿易という会社を立ち上げ、最近では、猛毒の神経ガスの原料を不正輸入しようとする動きがあるらしい。渡辺には現外務大臣に辞任に追い込まれた苦い過去があるため、国際会議の場でテロを起こす動機も十分。爆発事件の犯人が渡辺に接触する可能性があることから、兵悟(福士蒼汰)と将(野村周平)は早速、リトレイド貿易に潜入。渡辺の動向を探っていると……。

公式ページ引用:DIVER-特殊潜入班-

テロ組織の影

『リトレイド貿易』は、VXガスの原料になる化合物質を輸入していた。爆発事故で消防隊員が体調を崩しいる。検査の結果、VXガスを吸い込んでいた。

「渡辺は外務大臣を、テロ組織はアメリカの国務長官を。利害が一致したってことですか。」

黒沢と佐根村が潜入することになった。宮永は防犯カメラから犯人を特定した。爆発に関わったのは、元暴力団・真下一郎だった。

警察は、爆発事故を不発弾と発表していた。表立った動きはできなかった。真下と共に組織を抜けた田島が接触してきた。

佐根村が田島を尾行する。神戸空港で曽根村が襲われてしまう。神戸空港の防犯カメラも映像が乱れていた。

「こうなったら渡辺に吐かせるしかねぇな。」

黒沢の逮捕

皆本は、渡辺を誘い出す。伊達と黒沢が覆面をして襲い掛かる。そして、渡辺を拉致する。

「ジイソプロピルアミンの取引があると聞いた。誰に渡すんだ。」

取り引きは明日には行われる。黒沢は、倍の値段で取引を横取りしようとする。阿久津はD班で保管するように命じた。

黒沢は、取引に向かう。佐根村が待つ車に乗り換える。そこに警察車両が来てしまう。黒沢は、警視庁の人間に取り囲まれる。

黒沢と渡辺は逮捕されてしまう。黒沢は阿久津を呼んだ。情報をリークしたのは警視庁の遠藤だった。

「へぇー、相変わらず腐ってんな。権力ってやつは。」

渡辺はD班の存在に気がついていた。情報を流せば、D班も阿久津も潰せる。黒沢は警視庁の手に渡る。送検を止めることはできなかった。

見逃し動画配信サービス「DIVER-特殊潜入班-」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「DIVER-特殊潜入班-」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます!
・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です!
・「DIVER-特殊潜入班-」は、見放題作品なので追加料金の必要はありません!
・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます!

・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「DIVER-特殊潜入班-」4話感想

コメント