【DIVER-特殊潜入班-】1話ネタバレ!正義と悪は紙一重なのか黒沢のギリギリ捜査

DIVER-特殊潜入犯-

ドラマDIVER-特殊潜入班-が9月22日(火)からスタート。極悪・最凶の潜入捜査官を福士蒼汰さんが演じています。

第1話、最凶の潜入捜査官!特殊詐欺の闇を追え

「DIVER-特殊潜入班-」1話視聴率

「DIVER-特殊潜入班-」第1話が放送されました。気になる視聴率は、9.6%でした!

「DIVER-特殊潜入班-」1話あらすじ

かつて窃盗や暴力事件の常習犯だった黒沢兵悟(福士蒼汰)は、警察も手を焼くほどの高いIQと判断力、身体能力が認められ、兵庫県警本部長の阿久津洋子(りょう)のもと、秘密裏に結成された潜入捜査官チーム、通称“D班”の一員に。その任務は、暴力団や詐欺集団など、さまざまな犯罪組織に潜入して情報や犯罪の証拠をつかむこと。兵悟は、組織犯罪対策課で捜査の指揮をとる伊達直哉(安藤政信)、闇医者の皆本麗子(片瀬那奈)、ホワイトハッカーの宮永壮一(浜野謙太)らD班のメンバーとともに、多少の犠牲はいとわない、冷酷非道ともいえるやり方で、悪の根源を駆逐すべく、常に命の危険と隣り合わせの潜入捜査を行う。

このところ、兵庫県警の管轄内では、年間被害総額390億円ともいわれる特殊詐欺が多発していた。兵悟は、事件に何らかの形で関与していると思われる闇金会社に潜入。組織の実態をつかむため、闇金会社の社長の海藤武史(杉本哲太)に接触するが……。

その頃、阿久津のもとには、幼い頃から成績優秀、文武両道で防衛大学を首席で卒業し、海上自衛官としてエリートコースを歩んできた佐根村将(野村周平)が訪ねてくる。阿久津からD班に誘われていた将は、ある真相をつかむために自衛官を辞める決意を固める。

公式ページ引用:DIVER-特殊潜入班-

詐欺集団の黒幕

黒沢は、特殊詐欺に関わることになった。『三ノ宮ファイナンス』は、オレオレ詐欺の事務所になっていた。海藤は黒沢を弁護士に仕立てた。

黒沢は、2週間で3,000万円稼いでいた。受け子に渡る金は、たった15万円だった。借金を返したら、手元には5万円しか残らなかった。

受け子の現場には、刑事が見張っていた。黒沢はバイクで逃走する。通報したのは海藤だった。それは、黒沢を試すためにやったことだった。

海藤は、黒沢の借金を型に他の会社に売る。黒沢は、オレオレ詐欺の本丸・柏田のところに潜り込む。

「日本中の個人情報を売る名簿屋だ。直接、本人にあって情報をアップデートするんだ。」

詐欺組織を潰すなら柏田の上の人間を抑えるしかない。黒沢は柏田が食事に行くのを狙ってパソコンを調べる。

「調べて欲しいことある。」

黒沢の存在意義

「今の俺があるのは海藤のお陰です。海藤さんに拾ってもらえなかったら、俺は今頃…。」

海藤は、黒沢を昔の自分に重ねた。ギャンブル好きの父親のせいで家庭が崩壊した。もうあの頃のようにはなりなくない。これは海藤の過去に寄せていた。

柏田の会社に警察のガサ入れがあった。黒沢は、非常階段から逃げる。

「あいつが捕まったって、どうってことねぇよ。実はよ、トップは俺なんだ。稼いだ金は全部俺に流れるんだ。」

海藤は、会社を潰すことにする。そのすきに黒沢は、金庫から金を奪い取る。

「あんたは必要な人だ。あんたがいなければ俺は存在しない。あんたみたいな悪こそ俺の唯一の存在理由なんだ。」

黒沢は窓から逃走する。海藤は逮捕される。しかし、証拠不十分で釈放されてしまう。その後、何者かに連れ去られ死体で発見された。

黒沢は海藤がこうなることを初めから予測していた。奪った金は被害者に返していた。

見逃し動画配信サービス「DIVER-特殊潜入班-」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「DIVER-特殊潜入班-」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます!
・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です!
・「DIVER-特殊潜入班-」は、見放題作品なので追加料金の必要はありません!
・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます!

・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

【第2話PR・60秒】DIVER-特殊潜入班-

「DIVER-特殊潜入班-」1話感想

コメント