【DIVER-特殊潜入班-】3話ネタバレ!狙われた娘を救え8年前の復讐劇

DIVER-特殊潜入犯-

8年前、殺人事件を起こした飯島洋介が刺殺される。その事件に関わった裁判官や弁護士の子どもが誘拐されていた。

第3話、闇サイト連続殺人!狙われた娘を救え!

「DIVER-特殊潜入班-」3話視聴率

「DIVER-特殊潜入班-」第3話が放送されました。気になる視聴率は、5.8%でした!

「DIVER-特殊潜入班-」3話あらすじ

神戸の中華街で、男が背後から何者かに刺されて死亡した。被害者の飯島洋介(梅原勇輝)は、8年前、遊ぶ金欲しさに高級住宅街に住む女性と幼い子どもを殺害。当時、警視庁で捜査の指揮をとっていた伊達(安藤政信)が飯島を逮捕したが、飯島の親族が警察関係者の天下り先企業の重役であることから、警察は殺人の証拠を捏造(ねつぞう)。飯島は減刑されていた。 飯島がなぜ殺されたのか、一抹の不安を抱いている伊達のもとに、「8年前の事件関係者の家族が相次いで誘拐されている」と情報が入る。

D班のホワイトハッカー・宮永壮一(浜野謙太)が調べたところ、判決を下した裁判官、減刑に導いた弁護士、そして真実を隠蔽(いんぺい)した警察に対し、闇サイトで高額な懸賞金がかかっているという。そして、ターゲットとして伊達の名前も挙げられていた。ひとり娘の亜紀(宮野陽名)の身にも危険が迫っていると伊達が警察による警護を望むも、阿久津(りょう)は、「証拠がない」と非協力的な態度を見せる。警察が事件の捜査に動き出すだけの証拠を見つけるようD班に命じるが、兵悟(福士蒼汰)は、「あんたの個人的な騒動に巻き込まれるなんてごめんだ」と協力を拒否。そんな中、覆面男たちが伊達の家を襲い…。

公式ページ引用:DIVER-特殊潜入班-

亜紀の誘拐事件

8年前の事件は、資産家の丸山英二の妻と子どもが殺された。半年前から姿を消していた。だが、誘拐事件が丸山の犯行と断定はできなかった。

伊達の家には、警備会社の人間がつくことになった。警備員は、3人組に襲われる。伊達は2人にケガを負わせる。しかし、バットで殴られ気絶する。

「お父さん、お父さん。お父さん。」

伊達の娘・亜紀は、連れされてしまう。マスコミへ犯行声明が届く。

「警察が捜索を動けば、誘拐した家族を殺す。」

2週間前、丸山は神戸空港についていた。伊達は、中華街に来ていた。その場所で家族写真を撮っていた。

「腹へったなー。」

伊達は黒沢の腕の傷を見つける。曽根村の頬にも傷があった。

後悔しない道

「他の人間に仕掛けられる前に、亜紀ちゃんを誘拐することで保護できると考えたんです。」

黒沢は、亜紀を使って丸山に接触しようとする。伊達は大反対するが、亜紀は納得した。

覆面をした犯人たちが近づいてくる。亜紀は連れさられてしまう。伊達たちは車の後をつける。そこには、丸山の姿があった。

3人の犯人の中には、曽根村が入っていた。丸山は、4人を拘束していた。

「1人なら死刑にならないんだ。誰が償うか君たちで決めてくれ。この世界に正義はない。」

曽根村は、丸山を銃で撃つ。亜紀がナイフで拘束されてしまう。丸山は亜紀を突き飛ばし、自分は飛び降りようとする。

「何ひとつしてやれなかったな。」

伊達が止めに入る。

「丸山さん、本当にすまなかった。俺はあんたを死なせるワケにいかない。」

山陽刑務所に収監された丸山は、8年前の加害者・立川を殺害してしまう。その後、刑務所内で自殺してしまう。

なぜ同じ刑務所に収監されたのか?伊達は阿久津を責める。丸山に立川の情報を流したのは、阿久津だった。

「彼は後悔しないことを選んだ。ただそれだけのこと。」

見逃し動画配信サービス「DIVER-特殊潜入班-」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「DIVER-特殊潜入班-」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます!
・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です!
・「DIVER-特殊潜入班-」は、見放題作品なので追加料金の必要はありません!
・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます!

・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「DIVER-特殊潜入班-」3話感想

コメント