【警視庁ゼロ係】SPネタバレと感想!龍神の呪いと500億の遺産の行方

人生最高の贈りもの

ドラマ「警視庁ゼロ係が1月25日(月)に放送されました。主演を小泉孝太郎さんが演じています。

「警視庁ゼロ係」SP視聴率

「警視庁ゼロ係」SP話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

「警視庁ゼロ係」SPあらすじ

資産500億は優太に

『なんでも相談室』に6歳の男の子・下柳優太が訪ねてくる。父親は病死して母親は行方不明になったいた。

「おじいちゃんちには行きたくない。」

静岡にある龍神グループの会長・龍神剣一郎が優太の祖父だった。リモート中に剣一郎が毒殺される。小早川は龍神の呪いを思い出す。

警察は娘の龍神薫と静香を疑っていた。弁護士がやって来る。財産の全ては優太に渡す。また、優太を養育するモノには半分を渡すとあった。

優太の母・由美が現れる。由美は火傷をおって包帯をしていた。30年前、女性2人が入水自殺をした。その遺骨を薫が引き取っていた。

『愛の鐘』では、静香の夫が発見される。小早川は由美の過去を探った。

静香の夫は亡くなる前に山奥に向かった。そこを探ると白骨が見つかった。小早川は白骨の状態から由美と確信する。

龍神の呪いを絶つ

静香の遺体が発見される。赤い花びらに包まれていた。翌日、田所弁護士に話を聞くことになった。

「龍神池を埋め立てたのも古文書には幕府の命令とありますが、一族の土地を広げるためだったんですね。」

龍神は、薫と静香の母親とは土地を手に入れるため結婚していた。由美の母親だけは特別だった。2人の心中事件は、薫と静香の母親だった。

「3つの殺人事件の真犯人は、あなたです。」

剣一郎・静香を殺したのは雅史だった。由美を殺したのは使い込みがバレた静香。雅史は『龍神の呪い』を解くため3人を殺して生贄を供えた。

「優太は龍神家の人間じゃないんです。その子は何も関係ないんです。」

優太は、由美の会社で働く美優の子どもだった。男と別れた後で妊娠が分かった。経済力のない美優の代わりに由美が育てていた。

見逃し動画配信サービス「警視庁ゼロ係」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「警視庁ゼロ係」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信しています!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「警視庁ゼロ係」SP感想

コメント