【美食探偵・明智五郎】2話あらすじと視聴率!愛してたから殺したリンゴ殺人事件

美食探偵・明智五郎
明智五郎(中村倫也)は、ホテルで起こった殺人事件を追っていた。なぜ朝食だったのか?それが気になっていた。 第2話、林檎殺人事件…絶品フレンチトースト&のっけ丼! 見逃した方はこちらから⇨「Hulu

「美食探偵・明智五郎」2話視聴率

「美食探偵・明智五郎」2話が放送されました。気になる視聴率は、8.6%でした!

「美食探偵・明智五郎」2話あらすじ

ホテルでのカップル毒殺事件の犯人を追う明智あけち(中村倫也)と助手として巻き込まれたいちご(小芝風花)。 被害者の胃からは、ルームサービスでとっていた朝食には使われていないはずの“リンゴ”が検出される……。 一方、殺人鬼として覚醒したマリア(小池栄子)は、焦燥した様子の女性・あかね(志田未来)に会っていた。毒殺された男に二股をかけられた恨みを持つ茜は、上遠野かとおの警部(北村有起哉)が事件の真犯人として目をつけていた人物だった……。 事件の影にマリアの存在を感じる明智は、茜の実家が青森のリンゴ農園だと知ると一路青森へ! “毒リンゴ”に込められた殺人犯からのメッセージに美食探偵が迫る! 出展:公式ページ

裏切りのリンゴジャム

「僕は最初から引っかかっていた。なぜ、朝食なのか?シアン化合物で人を殺すのは簡単だ。」 炭酸やシャンパンなどいくらでも方法はある。おそらく、朝じゃないと食べられないモノに毒を盛る必要があったから。 ホテルで死んだ沢田剛には、もう1人つき合っていた女がいた。青森のリンゴ農園の娘が犯人かも知れない。明智は青森に向かった。 青森の市場、のっけ丼は新鮮で最高の味だった。青森では、台風で落ちたリンゴをジャムにしている。 「そのリンゴ分けてもらえませんか?」 リンゴの品種は茜という。古川農園にいる娘・古川茜は、被害者の二股相手だった。苺は、ジャムを作ることになった。 茜の母親は、東京で知り合った男に捨てられて青森に戻って来た。その時、お腹に茜がいた。茜は、マリアにメールを送る。

愛してたから殺した

「マリアが彼らを殺したんですか?」 沢田剛は、中学の同級生だった。高校2年の時に告白して、付き合うようになった。東京に行ってから変わってしまった。 「お母さんが教えてくれたジャムをその女が食べてた。」 マリアが毒を入れてくれた。ルームサービスでは、マリアが毒を入れたジャムを二人は食べて死んでいた。 「私は、彼は絶対にジャムを食べないと思ってた。あの女だけ死ねばいいと思ってた。なのに彼は食べた。」 愛してたから殺した。女ってそういう生き物だ。 「彼女は?マリアは、今どこに?」 茜は、マリアの居場所を知らなかった。重要参考人として連行されてしまう。マリアが捕まらない限り、罪に問われることはない。 「やはりマリアは、君だったのか?」 私の幸せは、ただ人を殺せること。あなたが禁断の果実を食べさせたのよ。僕は、あなたを救いたい。想いは重なることはなかった。

「美食探偵・明智五郎」2話感想

動画配信サービス「美食探偵・明智五郎」

見逃し動画配信サービスの使い方! 「美食探偵・明智五郎」は、動画配信サービス「Huluで見ることができます! 人気のドラマや映画が2週間無料で見ることができます。 テレビだけでなく、パソコンやスマートフォン、タブレットでも自由に見ることができるサービスです。 詳しくはこちらから⇨「Huluなら月額933円(税抜)で映画、国内外のドラマが見放題! ※紹介している情報は20204月20日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。 (記事内の画像出典:公式サイト

コメント